ワキガ 原因

清潔にしていても発生するワキガの原因とは

ワキガとは所謂独特の脇の臭がする症状として悩んでいる人が多いそうですね。脇の臭いのトラブルとは無縁な人からみたら、清潔にしていないのが原因じゃないのとよく言われますが、一般的なワキガの原因は清潔にしていても発生することがよくあり、原因はその他のものにあることが多いんです。

 

そもそもワキガとは一体どのようなものであるかを簡単に述べてみましょう。ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗にありますが、驚くことに汗自体には無臭であることが明らかになっています。そのアポクリン汗腺から出る汗には様々な物質が含まれており、タンパク質・脂質・アンモニア・糖分などの物質が皮膚の常在菌により分解される時に嫌な臭いが発生します。

 

さらにはこれに皮脂が混ざると独特のワキガのキツイ臭いとなってしまうのです。一方でエクリン汗腺から出る汗というものもあり、これはほとんどが無臭の水分なのですが、これが蒸発する時に一緒にアポクリン汗腺から出るワキガの臭いを拡散させてしまうので、これによりワキガの臭いは脇からだけではなく全身から発生するような臭い方をしてしまうのです。

 

このようにしてワキガの原因は汗自体にあるわけではなく、汗が分解されて出来る物質に原因があるということが分かりました。しかし統計的に見ると昔の日本人にはワキガに悩む人というのは少なく、逆に欧米ではワキガに悩む人は昔から多くいるようです。

 

でも最近は日本人でもワキガに悩む人が段々と増加しているらしく、その原因が研究されています。最も根拠のある原因としては、やはり欧米的な食事機会の増加であると言われています。肉中心の食事はアポクリン汗腺の活動を発達にするばかりか、臭いの元となる肌にある皮脂をも増やしてしまうため、ワキガで悩む人が最近の日本でも増えているらしいです。

 

これらのようにワキガの原因は各個人の体質に寄ることがとても大きく、清潔にするのは勿論のこと食生活を改善して体質を変えていことが大切です。

 

TOPページへ